大倉山藍田学舎所属 宮ア 久選手

陸上選手 宮ア 久選手は同じ気持ちで戦っています。

宮ア 久プロフィール2

宮ア 久プロフィール2

 宮ア 久(みやざき ひさし、1981年3月19日 )選手は、日本の陸上競技選手。専門は100m,200m(短距離)。長崎県南串山町(現:雲仙市)出身。
 長崎県南串山町立南串中学校から福岡県立八女工業高等学校に進学。高校2年生の時に100mで10秒28という学年別歴代最高記録を打ち立てる。しかし、高校3年生時のインターハイ予選では、支部大会準決勝で太ももの肉離れを起こし、個人種目でのインターハイへの道は断たれたものの、チームメイトが4×100mリレーで予選を突破したおかげでリレーのみ出場する事ができた。当時は39秒台で日本高校記録更新も十分可能と言われていたチームだけに、故障していたとは言え宮アをリレーメンバーから外す事はできない状況だった。インターハイ決勝では第2走者として走ったが、途中で肉離れを再発してしまい、高校記録更新ならびに優勝はならなかった。
 1999年、東海大学に進学。大学入学後は個人でタイトルを取れず、思うように走れない時期が長く続き、、焦りの色は隠せなかったが、2002年関東インカレの200mで初の個人タイトルを獲得する。そして日本選手権200mで初優勝。釜山アジア大会では準決勝に終わり、決勝進出はならなかった。
 しかし、翌2003年、日本選手権陸上にて、100m第5位、200m第3位入賞を果たし、パリ世界陸上選手権日本代表に選出され、200mと4×100mリレーに出場。200mは1次予選2組で20秒79を記録し6着に入り予選通過。2次予選では3組で20秒70を記録したものの6着で落選し、準決勝進出を逃した。
 打って変わり、4x100mRでは日本代表は快進撃を見せる。予選2組で38秒77を記録して3着に入り予選を通過。準決勝では1組で38秒58の好タイムを記録して4着に滑り込み決勝進出。決勝では1〜2走でバトンワークがやや乱れて39秒05とタイムは今ひとつ伸びを欠いたが、第6位入賞を成し遂げた。
 パリ世界陸上以降、記録、大会での成績は共にいま一つ低迷し、現役選手として競技は続けてはいたが、指導者として日々ジュニアからシニア、後輩達の指導の場での活躍の時間が増えていった。しかし、2009年度から心機一転、これまでの練習拠点、生活環境を一新し大倉山藍田学舎所属として、再度日本の頂点を目指し再出発した。
 そして、2010年度 宮ア 久の快進撃が始まった。第52回東日本実業団陸上競技選手権大会(5月・埼玉)100m決勝3位(10.46、風-1.0)、200m決勝2位(21.18、風-0.3)この大会をきっかけに第94回日本陸上競技選手権大会(6月・香川)では、100m予選(10.31、風+1.8)自己記録に迫る走りを見せ、準決勝進出、このレースも余力を残し上手にラウンドをこなした。準決勝(10.37、風+1.2)むかえた決勝、実に8年ぶりのファイナル、100分の1秒差で表彰台は逃したものの、100mでは自己最高位の第4位(10.48、風0.0)入賞を果たした。その後、第58回全日本実業団対抗陸上選手権大会(9月・新潟)100m決勝第5位(10.58風+1.3)第65回国民体育大会(10月・千葉)100m決勝第6位(10.49風+1.7)と全国舞台で次々と入賞した。昨年度から好調を維持し、順調に冬季練習をこなし、2011年を迎えた。目指すは2011年韓国テグで開催される世界陸上出場。なにがなんでも日本代表復帰と位置付けた2011年、織田記念陸上では、追い風参考ながら2本とも10.38をマークし、昨年から続く好調をアピールし、存在感を示した。風に恵まれず、タイムは伸び悩むものの、昨年同様東に本実業団陸上で調整し、日本選手権で一発という期待感を胸に、第53回東日本実業団陸上競技選手権大会(5月・埼玉)を迎えた。結果、同着ながら着差ありで、100mは、決勝第2位10秒64(-1.0)200mは決勝3位200m 21.16(+0.9)で順調な仕上がりを見せた。そして、第95回日本陸上競技選手権大会(6月・埼玉)を迎えた。近年、熊谷競技場での成績は、タイムはさほど出ないものの、上位に食い込む活躍を見せている相性の良い競技場であることから、しっかり走ることができればといった期待感と緊張感のあるものだった。予選 10.54(±0)で順調に突破し、翌日の準決勝を迎えた。非常に厳しい組に入り戦々恐々とした感じであったが、胸の差100分の1秒差で 準決勝 10.62(-0.5)4着に滑り込み決勝に進んだ。迎えた決勝、例年通りの緊張感の中、号砲一発レースは始まった。戦前、この状況では、上位に食い込む事は難しいのでスタートから一発飛び出して行こうと思います。と本人は意気込んでいた。むしろ、スタートにエネルギーを注ぎすぎてしまうかもしれない賭けに出ようといった作戦だった。大外1レーン作戦通り、スタートで飛び出ることとなった。50m付近を境に、懸念していたとおり、精彩を欠き遅れ始めた。結果、100m決勝 第9位 10.64(-0.5)となった。
2012、2013年度と10.4〜5台とタイムが伸びず日本選手権に参加することもできず、夢であったオリンピック出場は、遠のいていった。しかし、2013年5月東日本実業団陸上での敗戦直後、ボブスレー協会の開催するセレクションに急遽参加する事になった。これまで培ったフィジカルを活かし、次々とセレクションを突破、最終選考でも持ち前のパワーを発揮し、日本ボブスレーチームブレーカーとして2人乗り・4人に乗りの日本代表選手となった。そして、競技は違えど、2014年冬季ソチ五輪日本代表選手に正式決定し、かねてからの夢を叶えた。私たちは約5年間共に戦い、私たちの掲げる『自分自身と真正面から向き合い最後まで諦めない心を育む』ことを実践出来たと自負している。そして、今後も私たちに携わる人達へこの心を伝えていきたいと思う。
 参考:出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


ページTOPへ戻る

宮ア 久選手の最近の戦績

2014年度

■第22回冬季競技大会(ソチ五輪) ボブスレー 2人乗り(2月16〜17日・ロシア・ソチ)
 男子2人乗り(鈴木・宮ア) 1回戦 28位 2回戦 28位 総合 28位
■第22回冬季競技大会(ソチ五輪) ボブスレー 4人乗り(2月22〜23日・ロシア・ソチ)
 男子4人乗り(鈴木・黒岩・佐藤・宮ア) 1回戦・2回戦 25位 3回戦 26位 総合 26位


2013年度

■第17回 東京大学競技会(3月・東京)
 100m 10.79(+0.9)
■2013 JDT・オープニング・フェスタ(4月・東京・夢の島競技場)
 100m 10.49(+3.6)
■神奈川県記録会(4月・神奈川)
 100m 決勝 第3位10.91(-2.4)
■日体大記録会(4月・神奈川)
 100m 10.60(+2.6) 100m 10.56(+2.0)
■水戸招待陸上(5月・茨城)
 高校・一般男子100m 予選10.71(+0.8) 準決勝10.73(-1.8) 決勝 優勝10.68(+0.9) 
■第55回東日本実業団陸上競技選手権大会(5月・茨城)
 100m 予選11.02(-3.2) 準決勝 10.73(-1.8) 決勝 第6位11秒04(-2.9)
■第68回神奈川陸上競技選手権大会(6月・神奈川)
 100m決勝第8位10秒89(+1.7)
■第48回全日本ボブスレー・スケルトン選手権大会(12月19〜23日・長野市スパイラル)
 男子2人乗り Run-1 53.56 Run-2 53.80 1:47.36 優勝
 男子4人乗り Run-1 52.55 Run-2 52.67 1:45.22 優勝


2012年度

■早稲田大学記録会(4月・埼玉)
 100m 10.78(+1.3) 200m 21.97(-1.6)
■吉岡隆徳記念第66回出雲陸上競技大会
 100mW-UPレース10.75(-1.2) 100m 決勝第3位10.91(-2.4)
■第28回静岡国際陸上競技大会(5月・静岡
 予選21.46(+1.5)
■水戸招待陸上
 100m 棄権
■第54回東日本実業団陸上競技選手権大会(5月・埼玉)
 100m 予選10.55(+2.8)準決勝10.86(-2.8)100m決勝第7位10秒78(+0.3)
 200m 予選 22.12 (+0.5)
■第67回神奈川県陸上競技選手権大会(7月・神奈川)
 100m 予選10.58(+1.1)準決勝10.75(-0.7)決勝第3位10秒67(-0.7)
 200m 予選21.65(+0.6)準決勝21.58(+0.7)決勝第3位21秒46(+1.7)
■第85回関東陸上競技選手権大会(8月・栃木)
 100m予選 11.04(-0.8) 準決勝11.06(-0.6) 予選 21.54(-0.3)
■第59回全日本実業団対抗陸上選手権大会(9月・徳島)
 100m予選10.85 (-0.1) 準決勝10.81 (+1.3) 200m 予選 21.81(+0.1) B決勝 棄権

2011年度

■早稲田大学記録会(4月・埼玉)
 100m 10.69(-1.6) 200m21.54(-0.5)
■第45回織田幹雄記念国際陸上競技大会
 100m 予選10.38 (+2.3)B決勝第4位 10.38 (+2.8)
■第27回静岡国際陸上競技大会(5月・静岡
 200m予選21.30(+0.3)
■第53回東日本実業団陸上競技選手権大会(5月・埼玉)
 100m決勝第2位10秒64(-1.0)200m決勝3位200m 21.16(+0.9)
■第96回日本陸上競技選手権大会(6月・埼玉)
 予選 10.54(±0) 準決勝 10.62(-0.5)100m決勝 第9位 10.64(-0.5)
■第66回神奈川陸上選手権大会(7月・神奈川)
 100m決勝 第2位 10.54(+1.3)200m決勝 優勝 21秒93(-4.6)
■第84回関東陸上競技選手権大会(8月・栃木)
 100m予選 11.04(-0.8) 準決勝11.06(-0.6) 予選 21.54(-0.3)
■第66回福岡県国体選考会(8月・埼玉)
 100m予選 10.67(±0)
■第58回全日本実業団対抗陸上選手権大会(9月・徳島)
 100m予選10.66 (+0.9) 準決勝10.68 (+1.1) 200m 棄権
■国民体育大会(10月・山口)
 4×100mリレー 予選40秒51  準決勝40.65


2010年度

■野田記録会(4月・千葉)
 100m 10.48  200m 21.39 
■早稲田大学記録会(4月・埼玉)  100m 10.50(+1.1)
■横浜市記録会(4月・神奈川)
 100m 10.78(-1.3)
■第22回横浜市民陸上競技大会(4月・神奈川)
 100m 優勝 10.70(±0.0)
■第26回静岡国際陸上競技大会(5月・静岡)
 200m 決勝5位 21.36(±0.0)
■第52回東日本実業団陸上競技選手権大会(5月・埼玉)
 100m 決勝3位 10.46(-1.0) 200m決勝2位 21.18(-0.3)
■第94回日本陸上競技選手権大会(6月・香川)
 100m予選 10.31(+1.8)準決勝 10.37(+1.2)決勝4位 10.48(±0.0)
■第65回神奈川陸上選手権大会(7月・神奈川)
 100m 決勝6位 10.54(+1.3) 200m決勝棄権
■第83回関東陸上競技選手権大会(8月・埼玉)
 100m 決勝6位 10.54(+1.3) 200m決勝棄権
■第65回福岡県国体選考会 
 100m 決勝2位 10.46(+2.8)
■第58回全日本実業団対抗陸上選手権大会(9月・新潟)
 100m 決勝6位 10.54(+1.3) 200m決勝棄権
■国民体育大会(10月・千葉)
 100m 決勝6位 10.54(+1.3)
■実業団学生対抗陸上(10月・神奈川)
 100m 決勝4位 10.54(+1.3)
■西日本カーニバル(11月・福岡)
 100m 決勝4位 10.54(+1.3)


2009年度

■第64回神奈川陸上選手権大会(7月・平塚)
 100m優勝 10.32(+2.1) 200m優勝 20.98(+2.6)
■第82回関東陸上競技選手権大会(8月・千葉)
 100m優勝 10.47(0.0)
■第57回全日本実業団対抗陸上選手権大会(9月・岡山)
 100m準決勝 10.74(-1.1)
■2009群馬リレーカーニバル・日本GPシリーズ最終戦(10月・群馬)  200m決勝6位 21.44(+2.9)
■第28回浜松中日カーニバル招待陸上競技大会(11月・静岡)  100m 第一レース:10.79(+0.6) 第二レース:10.79(+0.1)


ページTOPへ戻る