2008年より 様々事情を抱えた子供たちと共に

不登校・引きこもりというリアル
私達は、学習塾を運営する中で、この15年間様々な問題を抱えるご家庭、子供たちと時間を共有してきました。そして、実は、引きこもりや家庭内暴力、不登校といった問題は、実に身近に存在することに気付かされました。
果ては、非行や自殺未遂と様々な問題に頭を抱え、どこにも相談できずに困っている方までいる現状を知り、そういった方達の支援をしたいと思い、このプログラムを立ち上げたのが2008年のことでした。

リアルはごく身近に
誰にでも起きうる問題だということに

気が付いて欲しい


これまで、私達は、上記の問題を抱えて苦しむ子供達をお預かりしてきました。苦しむお子様一人一人、各ご家庭と私達がくぐりぬけてきた不登校・引きこもりに苦しむ子供たちとの戦いは簡単に文章には書くことができないくらい苦しいものでした。

勿論、学習塾運営が私達の基本業務ですから、至らない点や中々上手くいかないこともありました。まさに手探りの中、必死にご家族、本人達と戦い抜いてきました。

『とにかくとことん付き合うこと』『何があっても裏切らない大人がいること』『最後の最後まで信じてあげること』『自分自身と向き合い最後まで諦めないで戦う心を養うこと』をとことん実践してきました。

改善するために行ってきたこと 学習面と心の面をどちらもサポート

不登校や引きこもりの原因は、お子様によって様々であることは言うまでもありませんが、その後の対応、ご家庭の環境や状況によって様々であり多岐に渡ります。どのような状況でも諦めることなく、皆さんが少しでも前進できるようにサポートさせて頂くことが、私たちの使命です。悩みをひとりで抱えることなく、まずはお話を聞かせて下さい。

【1】ご家庭への訪問
 私達が直接ご自宅へ訪問し、まずは外に連れ出すことから始めます。例えば、野球が好きな子であればキャッチボールやバッティングセンターに行き、サッカーが好きな子であればサッカーボールを持って公園へ行く。等、当人の興味があることに共感し、共有する事からはじめ、まず、家の外へ出ることを目標とします。

【2】信頼できる仲間になること
生徒達一人一人と徹底的に向かい合い、まずは生徒にとっての仲間となること。そういった環境下で、当塾の授業やカリキュラムといった学習環境が存在し得るものであると考えています。
私たちは、苦しんでいる子供たち、ご家族の何でも話せる仲間になることを最優先事項といたします。その先に感じられているご負担、ご不安を軽減できるように共に努力していきたいと思っております。
ご不安に感じられるている学習面に関しては、ご本人、ご家族が精神的に落ち着いた環境を確保してからフォローできるような体制づくりを目指します。

【3】居場所をつくること
前述したの生徒達一人一人と徹底的に向かい合い大事な仲間になることが最初に行うことです。次に、生徒たちにとっての「居場所」を作ってあげることを目指します。集団、コミニュティーの中でも「居場所」を感じられる子供たちは、あえて個別指導塾に通う必要はないと考えております。しかし、集団が苦手であったり、合わなかったり、そして「居場所」を感じられない子供たちは、どうしても居場所が必要となります。だからこそ私達のような個別指導塾は存在します。子供たち個々のニーズに多様性を持ってこたえる場所です。

私達の考える「居場所」とは何であるか?それは、社会や大人達が一方的に子供たちに答えを与えるものではなく、共に進むべき道を探すことができる場所です。子供たちが自分の「居場所」であると感じることができれば、それがその子の「居場所」になるものであると考えております。

無料相談

藍田学舎 LINE official アカウントよりお問合わせください。

上記の友達追加より藍田学舎を友だち追加しお問合せ下さい。
*LINEアプリのインストールが必要です。